★鬼の面の製作★

こんにちは。放課後等デイサービスです。

今回は、豆まきの時に子供たちが付ける鬼の面の製作の様子をお伝えしたいと思います。
まずは4グループに分かれてから、全体で説明を受けます。

皆、真剣に聞いています・・・。ふむふむ…なるほど鬼の面を作るのか…。

何を作るか分かった所で!まずは青と赤の袋を選択し、その中にティッシュペーパーを詰めて身体を作り、袋のカドをキラキラテープでまとめて角を作ります。

本当に真剣な眼差しでやっています。
テーブルごとに配置された指導員の説明を受けながら製作を頑張っている最中です。

鬼の身体が出来上がったら、その上に各々が選んだ目や口、腕を張り付けます。

製作の毎に思いますが、どんな製作物が出来るのか本当に楽しみなんです。
皆に今回どんな鬼を作るのか聞いてみると「恐い鬼にするんだ」と言う声や「鬼は恐いから優しい鬼を作る」と言った声が聞こえました。
鬼への思いはみんな違うみたいですね。自分の思った通りの鬼が出来たかな?


皆、上手に作ることが出来ました。前回、自分が担当の時にも書きましたが本当に良い笑顔なんですよ。

では、皆の作ったお面を壁面として飾ってみたいと思います。

・・・。良いじゃないですか!?
皆、上手に出来ています。一人一人個性があって、作った本人が持つ雰囲気と似ているのがまた面白いですね。
恐い鬼と一緒にこの子たちが一緒に来たら、恐いけど少しふんわりとした気持ちになりそうです(笑)

寒さにも負けず、子供たちやスタッフを含めて遊びや製作など元気一杯過ごしております。
インフルエンザが大流行していますので、皆様も体調には気を付けてお過ごしください。